間違いなく間違い

どこでも寝れて何でも食べる生物。好物は肉とピーマン天敵はムカデ。あまり呟かないtwitter→http://twitter.com/unzya
どこでも寝れて何でも食べる生物。

好物は肉とピーマン
天敵はムカデ。

あまり呟かないtwitter→http://twitter.com/unzya
クォンタム!

クォンタム!

クォンタムデビルサーガ買いましたー!アバチュ小説版です。
全5巻ですが、書店に中々置いていなかったのでアマゾンで注文しました。が、なぜか3巻だけ別発送で、しかも先に届くという見事な焦らしプレイを体験しました。
今日からちょこちょこ読むぞー!!でも2週目もしたい!!
攻略本も欲しかったんですが…無くて…ブックオフ頼みですかね…
やっぱりサントラ凄く欲しくて、探したんですがどにも無くてガッカリしまして、じゃあせめて2のED曲だけでも…って思ったんですがシングルもアルバムも廃盤みたいな感じでした。ED曲歌ってらっしゃる方は亡くなってるんですよね…。
関連商品が全然無くて寂しい…あんなに面白い作品なのになぁおい!!


そしてそれとは逆に。
ペルソナ3劇場版の新情報が昨晩更新されまして。第一章は秋公開だそうです。秋!就活ウワア!!!
第一章の副題は「Spring of Birth」 
ということは最低でも四章分あるってことなのだろうか。しゅ、就活…。
たぶん、というか高確率で地元ではやらないだろうと思うので、他県の劇場まで足を運ぶかDVDが出るまで待つかどうしようかと。でもおっきなスクリーンで見たい!!でも友達いないからぼっちで見に行かなきゃならん!!うわあ!!!
地元でやってくれたら学校帰りに毎日でも見に行けるんですが…。秋が楽しみです。

あと、主人公の名前が発表されましたね。
劇場版では「結城理(ゆうきまこと)」という名前に決定。個人的にはすごくいい名前で良かったと思います。山田月太郎じゃなくて良かったな、キタロー。
自分がプレイした時はキタローが「真(まこと)」で、ハム子が「真琴(まこと)」でプレイしていたので、違和感ないしむしろラッキー!って感じです。うれしー!

劇場版の名前、「結城理」は既プレイの人間からするとかなり意味深だなーと。だからいい名前だと思うのです。
ツイッターで「結はコミュの絆、城はタルタロスの塔、理は真実ってこと?」ってのがあって、おおおーと思いました。
「理」は字の通り「ことわり」と読みますし、「まこと」は「命」とも書けます。
命の答えに辿り着いたキタローにピッタリな名前ですね。
あと、ペルソナ3の10年後のパラレルワールドを舞台とした「ペルソナ〜トリニティソウル〜」の主人公、神郷3兄弟の名前である、諒・慎・洵も全て「まこと」と読めるとか。
ちゃんと考えてくれてるんだなー(と勝手に解釈している)と思うと、嬉しくて嬉しくて。
期待しないでおこうと思いながらも期待させることばかりしますね公式は!
ちなみに私は男の子でも女の子でもある名前〜とかで決めたので深く考えずに付けた。中性的な名前が良かっただけです。

漫画版の「有里湊」が良かったとか、しっくりくるとかいろんな意見もたくさんありますが、それはまあ、それしか名前が無かった時間が長かったから仕方ないかと。どうせキタローって呼ぶんだからいいじゃないか。
古本屋コミュで文吉じいさんに「まこっちゃん!」とか呼ばれんのかーと思うとほっこりします。

限定公開のPVも綺麗でしたー!思っていたよりとっても!!
キービジュアルの俺のオルフェウスがかっこよかったです。
ニュクス戦でオルフェウス・改出てくるといいなあ…
秋がホントに楽しみです。


アバチュ1が2004年発売、アバチュ2が2005年発売。
ペルソナ3が2006年発売。
同じ会社で、発売時期は近いはずなのに、片や関連商品はほぼ廃盤。片や劇場進出ですか…。まあ小説は出たけど。
この差は…いったい…なぜ…?
DIGITAL DEVIL SAGA  アバタール・チューナー

DIGITAL DEVIL SAGA  アバタール・チューナー

アバチュ1・2両方クリアしたぞー!!
大変だったー…
以下分けわからん感想です。長い。





ストーリー、BGM、キャラクター、バトル、雰囲気、演出、とても魅力的な作品でした。
本当、もう少し知られてもいい作品だろうと思いました。
まだストーリーは「???」なところがあるので、その辺は小説読んだり神話調べたりして考察したいです。


そこまで古くないとはいえ、PS2だし(アス比が違うからブラウン管じゃないと綺麗に映像が出ない)、ソフト2本もあるしで、買うのを迷っていたゲームでしたが、買ってよかったです。
「ライトユーザー向け」って聞いてたんですけど、「メガテンシリーズのライトユーザー向け」って意味だったんですね…。攻略本があればゆとりのある、無ければ歯ごたえのあるプレイを楽しめるとどこかで見たので、じゃあ無しでやるー!!!とか思ってたら、カマソッソの一戦目で見事に積んで攻略サイト頼りました。一緒に攻略本も買うべきだったなぁ…。
バトルは通常戦闘でもボス戦でもとっても楽しめました。レベル上げよりも、スキルを効率よく覚えて、どう上手くセットするかが大事なので、スキル枠がせめてあと2枠あれば…と何度思ったことか。ボス戦だけじゃなくてザコ戦でも…。
スキル覚えるにもマントラが高くて買えなかったりして頭を悩ませました。カルマ協会は良い商売してますな。
そんなこんなでバトルがなかなか難しくて、攻略サイトに頼っていたのに何度もゲームオーバーになりました。
1ではカマソッソで積み、ウシャスのセラフィックロアで殺され、ケルベロスは火炎ドレインのセットのし忘れで死に、カルマ教会でラクシュミにアホ程ドルミナーから大往生させられ。
2ではクヴァンダ所長で投げそうになり、アバドンで2回ほど全滅、ゲートコアで崖っぷちに立たされ、ヴリトラで3、4回死に、太陽に着いてからも大佐に殺られ、メーガナーダに殺やれ、ブラフマン最終相にあと一撃のところで3回目のブラフマーストラ撃たれ死に…。
他にもいっぱい苦しいバトルがありました。
スキルのセットと行動さえ間違わなければ、こんな楽なバトル無いんでしょうねー。あと運。
いやしかし本当にBGMがいい…。長くてつらいバトルも曲のおかげで乗り越えられました。
関係ないけど、ブラフマンの登場シーンがでっかい脳みそだったもんだから、ラスボスはオモイカネなのか…と一瞬身構えてしまった。


バトルの思い出が多すぎるのですが、もちろんシナリオも本当に良かった。
サーフ達の存在が儚いというか、理不尽というか…。
1をプレイしている時に、「あーなんか皆死にそうだなー」とか思っていたら案の定一番最後に皆死にました。
ストーリーを追うごとにメンバーが離脱していくのが切なかった。アルジラとロアルドの死亡イベントはもう泣くかと…。ロアルドが普通にメーガナーダにモグモグされてるシーンは中々ショッキングだったけども…。
2の最初は散々AIだのプログラムだの化け物だの言われてジャンクヤードに帰りたくなった事も何度もありましたが、フレッドを始めとするローカパーラの皆が仲間と認めてくれたのは嬉しかったです。そのあと結構な人数が死ぬけど。

エンブリオンメンバーはセラに作られたAIだったけど、もうセラの為に動くAIじゃなくてちゃんと仲間として色んな絆や誇りを得て、その上で守るために死んでいく。
転生後?は探していたニルヴァーナになった地球で皆一緒に幸せになるんだろうけど、それはエンブリオンのサーフ達ではないんだなーと思うとやるせない。皆は救われたのかなぁ。あのまま幸せになれれば良かったのにね。
私は、2のEDは地球上の人類が皆滅びて、そのあとに転生するのかと思っていたので、生き残った人がいたのは救いでした。いやそのためにメンバーは死んでったんだけども。フレッドが生き残って思いを継いでくれていただけで十分救われました。

2まで全部終わってからEDでタイムカプセル流れて、スゴイ達成感がきましたね。
個人的に、映画でもゲームでもタイアップ曲って嫌いなんですよ。合ってない事多いから。でもタイムカプセルは良かったです。皆の子供姿からのあれは反則ですな。
1のEDの曲と2のEDの曲が全然違う感じだったから、終わったー!!って感じがすごく強くて。始終辛い展開だったから尚更ですね。


ホントにいい作品でした。ちゃんと宣伝とかしてればこんなマイナーゲームじゃなかったんだろうになぁ。そしたら公式も関連商品に力入れてくれたんだろうけど。サントラ廃盤とかヤメテ!!
小説版と攻略本の小説も読みたいと思います。
あー!!アバチュ買ってよかったー!!
トウキョウ!

トウキョウ!

スカイツリー行ってきたー!
でも一日ソラマチで遊んでた!!
あそこは危険!!
ラーメン

ラーメン

しろくまラーメン食べました。
塩味でした。
あっさりしててなかなかウマかったです。
ぬこ…

ぬこ…

中身
まだ食べれてない
ぬこ

ぬこ

ぬこの肉球を食せるとな…?
トロと休日のあの場所3

トロと休日のあの場所3

スナックひかりはなくなっちゃっていました。
残念。
トロと休日のあの場所2

トロと休日のあの場所2

私はここでお別れを告げられた。
トロと休日のあの場所

トロと休日のあの場所

朝によく通る道だったなあ。
トロと休日の

トロと休日の

トロと休日で、トロと泊まった三崎館本店。
真後ろにでっかい市場があった。

三浦三崎はどこもかしこもマグロですな!!!
おいしかったー。